+1000万円に目覚めたきっかけ

  1000万円貯めたきっかけは,女性誌の記事で貯金特集があり,それが
  現実になるか試してみたかったからです.
  記事自体は月々3万円ボーナス15万円くらいを3%で複利運用するような
  計算式だったと思います.棒グラフで貯金の推移が書いてありました.
  そして,文面には,「もしも,使わずに貯め続けた場合,この計算式では,
  ○年経過後に1000万円に達する.もしもこの金額まで貯まったようだったら,
  このお金で起業をしたり,頭金にして住宅を購入するという選択肢も出てくる
  のではないか」というようなことが書いてありました.

  この記事を読んだ時,ちょっとワクワクしましたね.(^^)
  その後も,雑誌の特集を見たりして,結婚資金の準備金は,ぜいたくしな
  ければ折半の分で300万程度あればとりあえず大丈夫だったみたいなので,
  非常時用と兼ね合わせてその分だけは別枠にして,あとは,住宅系の
  金融商品(住宅財形,つみたてくん)に回すということを考えたのもその頃
  だったと思います.
  あと,私は,どちらかというと「あるだけ使っちゃう」性格なので(^^),財形とか
  債権みたいに解約しにくい商品のほうが向いているだろうな〜..というのも
  ありました.
  結果的に,解約せずにすみ,独身時代が長かったこともあって,1件目は
  独身時代に購入できてしまいました(^^;) しかも,物件価格自体も下がっていて,
  諸経費を見積もらなければ(当時は住宅購入の諸経費があんなにかかるもの
  とは知らなかった(無知))全額キャッシュでもいけそうなかんじだったりして...(^^;)


  う〜ん,やはり意思のチカラって大きいのかもしれない..

  この積み立て額で何年くらいだったかなぁ..と思ったので,思い出しつつ
  簡単に計算してみました.
  ・利息は当時の記事と同じ3%
  ・当時は年功序列での賃金上昇を見込んで適宜積み立て額を上げていっていく
  ・ボーナスがある程度出ていた時代の話ではありました..
  出た利息も積み立てに回すものとして1年複利で計算してみました.

  1年目:月々3万×12+ボーナス15万×2
  2年目:月々3万×12+ボーナス15万×2
  3年目:月々3万×12+ボーナス15万×2
  4年目:月々3.5万×12+ボーナス15万×2
  5年目:月々3.5万×12+ボーナス15万×2
  6年目:月々3.5万×12+ボーナス15万×2
  7年目:月々3.5万×12+ボーナス15万×2
  8年目:月々4万×12+ボーナス15万×2
  9年目:月々4万×12+ボーナス15万×2
  10年目:月々4万×12+ボーナス15万×2
  11年目:月々4万×12+ボーナス15万×2
  12年目:月々4万×12+ボーナス15万×2

  で1029万程度になるようです.こんな数字だったように思います.


                        home

1000万円に目覚めたきっかけ
月々の生活費を割り出す
集計して節約ポイントを探す
譲れないものはそのままで
袋分けをして実行

Copyright (C) 2007 e-happy All Rights Reserved.