+集計して節約ポイントを探す

  費目に分けて記録したお小遣いデータは集計します.

  1ヶ月分まとめてやるのがしんどい場合は1週間ごとに集計して
  お給料日前後の4週か5週を区切りにするといいです.
  私もずっとそうしていましたよ(^^)

  もし半年続いたようでしたら,一度そこで半年平均をつけてみると
  いいと思います.
  というのも,一人ぐらしの場合,電気代などが季節によって少し変動
  してしまうのです.
  1−6と7−12または4−9と10−3で夏のクーラーと冬の暖房を
  ある程度吸収できますよ.

  私の場合,書籍費は安くはありませんでしたが,高額な本を買った月
  でない限りは支出は安定していました.
  考えてみれば,働いていたわけだし,読書に費やせる時間というものにも
  限りがあったのかもしれません.

  衣服費などもそうでした.私の頃はスーツ通勤が多く,スーツを買った月と
  そうでない月での変動が激しかったのですが,半年平均を出すことで
  だいたいとりわけをできるようになりました.



                        home

1000万円に目覚めたきっかけ
月々の生活費を割り出す
集計して節約ポイントを探す
譲れないものはそのままで
袋分けをして実行

Copyright (C) 2007 e-happy All Rights Reserved.